越谷 リフォーム 永純創工 エイジュン


  • HOME
  • 代表小相澤(こあいざわ)のリフォーム小話

目指すもの

 

こんにちは、こあいざわです。

リフォームを考える上であなたは何を求めますか?

と言われても、そんな漠然とした質問には答えられません。

直したい箇所、予算の問題もありますので、

難しいですね。

 

でも、リフォームする箇所に共通して言えることなんですが

私が気を付けている事、それが

 

「違和感のない自然体のリフォーム」

 

ということです。

 

古い家やマンションを直すとどうしてもそういった箇所が

忘れられてしまいがちです。

 

リフォーム現場の実際


例えば、水が流れにくいといったトラブルの場合、

 

給排水管が細すぎることがあり、

根本から直すなら

管を太くすることで解決はしますが、むき出しのままの配管だったり、

床の段差が出来てしまったり、「直すことだけ」に特化したなら

不自然なリフォームになりがちです。

 

これを「しょうがない」とするか?

「そのやり方しかない」とするか?

最終的な裁量は施主様に委ねられますが、判断するにしても

専門的な知識のない施主様にそれは非常に難しいことですよね。

 

だから

「ここはもっとこうしてあげたい」と

想いのある業者でないと自然体リフォームなんて出来ません。

こう言うと料金次第だというバカな奴も出てきます。

きれいごとかもしれませんが

「気持ち」

これしかありません。

自然素材?環境にやさしい?職人のマナーが良い?

そりゃあどれも大事でしょう、

会社のスローガンとか営業トークレベルだったらこういうの

聞いたことありますよね?

 

そんなことどうでもいいです。

あなたが小手先の甘い言葉に騙されるような人なら

この先読んでもらっても何も解ってもらえないでしょう。

 

大事なのは

担当者が

番頭が

現場の職人が そこまで考えてやってるか?

ということ。

これは「教育されたから」とかじゃないんですよ~。

教育されてもリフォームって同じものは一つも無いわけですし。

もう、どう判断するかは

経験値と生まれつきの性格?だけじゃないですか?

あとは「本当に好きでやっているか?」です。

 

リフォームを進めていくうえで

確かに「しょうがない」部分はあります。

これが業者によって「しょうがない」のハードルが

異常に低い人たちが多いのは事実です。

業者からすれば

そう判断しちゃった方が楽ですもん。

でも

その判断が正しいかどうかを別として

「しょうがない」判断をされた施主様は

この先も何年、何十年と住み続ける訳です。

そこで考えます。お客様にとって、本当に良い判断だったのか?

面倒くさい、予算がないから、工期が無いからといって

その場しのぎの工事をしてしまってないか?

それを「しょうがない」で済ましてしまっては

あまりにお客様がかわいそうです。

私も普通の教育を受けてきたので、「面倒だな」って思う箇所は

ありますよ。でもその気持ちのままじゃ仕事はしません。

一旦立ち止まって… 今できる中でベストな方法を探ります。

毎回それを行っているとそれが当たり前の行動になります。


遠回りすることもあります、でも…

リフォームが終わって、何か月に一度か訪問すると

「やっぱりあの時面倒がらずにやっておいて良かった」

って思えるし、
お客様も温かく迎えてくれます。

 

仕事をさせてもらってお客様に恨まれるのは一番つらいことですからね。

 

ありがとうございました。

トイレのインテリアにこだわると…

 

 

こんにちは、こあいざわです。

「インテリア」というと

リビングだったり、寝室だったり、とかく「部屋」を指す

様に取られがちですが、

居室以外の玄関、廊下、洗面脱衣所、トイレなどに

こだわりを持つ方は非常に少ない気がします。

 

内装の仕様を決めるとき、いつもお客様と一緒に決めるようにしています。

決める順番は大体決まっていて、

① リビング壁(キッチンも共通になる場合が多い)

② 寝室壁

③ 玄関、廊下壁

④ 洗面所壁

⑤ トイレ壁

⑥ 天井(共通になることが多い)

の順番ですね。しかもほとんどの方がリビング~各部屋の仕様を決めたら

あとは何となく~と惰性で決めている傾向があります。

 

優先順位といったらやっぱり普段長く居る所を先に決めますよね。

 

だけど

洗面所やトイレにこそもっと凝ってほしいなって正直思います。

なぜかというと

 

リフォームが完成すると最初に仕様決めた順番と注意する所が

逆転するからなんです。

もっと言いますと、一番先に決めたリビングは

「あ~きれいになったね、明るくなったね」

位にしか感じないのですが…

トイレはどうでしょう。

腰を下ろしてじっくり観察するように見てませんか?

家族がいる場合、トイレ以外は主観以外に色んな雑音(失礼)

が入ってきます。

トイレや洗面所は基本一人でいるものです。

トイレは唯一自分の主観だけで「この空間は…」と感じられる

場所です。

あなたは「トイレだけが落ち着ける場所」って思いませんか?

もしそう思うなら

落ち着ける場所をもっとリラックスできるよう変えたいと思いませんか?

それは芳香剤や装飾品でも出来るかと思いますが

 

トイレにだって「インテリア」を持ち込んでいいんじゃないですか?

 何点か事例をご紹介します。


おしゃれトイレの事例

 

これは提案した際、トイレをインテリアとして考えてくださったお客様の

一例です。普通のトイレより一味も二味も違うと思います。

まずはサロンさんの例。

ビフォーから

 

貸しテナントということでごく普通のトイレですね。

洗浄便座もありません。

ただ、女性が多く利用するお店なので使い古しは気持ち悪い、

手洗いも別に欲しいということで

ということで、下記の様にリフォーム。




手洗い、紙巻き器、カウンターがセットになった

パナソニックの「アラウーノ」です。

クロスはサンゲツの消臭効果のあるもの。

床は汚れや傷のつきにくいフロアタイルを採用。

 



次はマンションの場合

ビフォーです。新しいので違和感はないのですが、

真っ白な壁ではちょっと…

ということで下記の様になりました。

 


 

こちらは前回、タワーマンションのリフォームでご紹介した

和風にこだわったトイレ。クロスもさることながら

器具の形状、照明の色にまでとことんこだわりました。





 

次はオフィスの場合

こちらは古いビルの貸事務所です。

これが…




 

こんな風に変わります。

石目調を基調にコーディネート。

天井、壁はこんな柄のクロスがあるので手軽です。

床&腰壁には同じフロアタイルを施工。

簡単に拭き取れます。

おしゃれだけど男前な感じでカッコいいです。



 

 

 

そして、こちらはイタリアンレストランのトイレになります。

ビフォー。

 

またまたありがちのテナントにあるトイレですね~。

しかも和式、お店の雰囲気にはどうしても馴染めません。


 

 

 

それをこんな風に変更。

予算の関係上、腰下のみのリフォームでしたが、

雰囲気は十分出せてると思います。

 

 

トイレだっておしゃれにしたい?


どうですか?

トイレだってインテリアにこだわれば素敵な空間に

なりますね。


エイジュンでは

内装屋ならではのアイデアで予算に合った中で

壁、天井、床と合わせて器具もコーディネートします。

あなたのお家にピッタリのトイレ、提案させて頂きます。

リフォームするならおしゃれな方が良いじゃないですか。

 

ありがとうございました。

クロスの選び方

いつもご覧いただきありがとうございます。
内装リフォームのエイジュン、代表の小相澤です。


今日はよくいただくご質問
【クロスの選び方】
について、お話したいと思います。




 
CIMG4088.JPG
CIMG4089.JPG
 
クロスと一言に言っても、デザインや機能、価格などたくさんの種類のクロスがあります。

せっかくリフォームするのですから、一番満足する形にしたいですよね。基本的には好みにあったものをお選びいただくのが良いと思いますが、そんな中で、クロスリフォームをする際に私が気をつけた方が良いと思う、お伝えするポイントは

【場所に合った機能のクロスを選ぶ】

ということです。
これを無視してしまうと、すぐ汚れてしまう、カビが生えやすい、傷がついてしまうということになり、結果として短期間で再度リフォーム、ということになってしまいます。
一般的に住宅にお勧めするクロスは「1000番台」といわれる商品で、
サンゲツ、リリカラなど各有名メーカーよりお選びいただけます。

「じゃあ場所に合ったクロスってどう選ぶのよ」ってなりますよね。



 
CIMG4090.JPG
P1010619.JPG 例えば機能でいうと

トイレやキッチンには消臭+汚れ防止

洗面脱衣所やクローゼットには通気性、吸放湿

廊下には汚れ防止+表面強化

寝室やリビングには抗アレルゲン性+森林浴効果(空気を洗う壁紙)


が良いでしょう。




 
柄やデザインで言うと
天井には天井向けの柄がありますがこちらはお好みで。
無地のクロスですと、細かい石目調がおすすめですね。これは照明の光が自然な広がりできれいに見えるからなんです。
逆に大柄の織物調やストライプ柄などはお部屋の雰囲気を壊しがちなのであまりおすすめはしておりません。

洗面所やトイレはどうでしょう、
壁は清潔感を持たせるために小さな花柄を選ばれる方が多いです。ピンクや水色などのパステル系がいいですね。

寝室はあまり大きな柄ではなく控えめなお色を選ばれる方が良いと思います、うすいグリーンやアイボリーですとリラックス効果が期待できますし、無地ですと織物調のクロスの方が温かみのあるお部屋になります。

汚れやすい場所には暗めの色や柄でいくつかの色がちりばめられた模様など、場所によっては腰下だけ半分貼るというのはどうでしょう。汚れが目立ちにくく、なおかつおしゃれになりますよ。
20160530sakanisisama17.JPG
F様アフター.JPG Y様アフター3.JPG IMG_2416.JPG
CIMG3266.JPG
まだまだお教えしたいポイントがありますが、
この先はお会いさせて頂いたときにお話しさせて頂きますね。

重要なポイントには気を配りつつ、満足できるクロス選びをしましょう。

その他内装リフォームを中心に、お困りのこと、聞いてみたいことなどあれば、お気軽にご連絡ください。


◆お電話でのご相談は【048-971-2788】

メールでのご相談はこちらをクリック

▼トップに戻る


お得なWEBキャンペーン情報はこちら

内装リフォームキャンペーン 春日部市
エイジュン クロス 壁紙 張替え  窓サッシシート エイジュン フロア 床 張替え  窓サッシシート エイジュン 内装 修理 修繕 補修  窓サッシシート
越谷市 エイジュン  建具 交換 越谷市 網戸張替 越谷市 和室 洋室
診断 春日部

エイジュンおすすめのクロス・壁紙情報はこちら


日高 内装リフォーム専門店エイジュン 暖房便座

エイジュンへのお問い合わせはこちら

日高 内装リフォーム専門店エイジュン 暖房便座
日高 暖房便座
日高 内装リフォーム専門店エイジュン
日高
日高 暖房便座